ブログ

  • 司法書士日野啓吾の半生

    司法書士日野啓吾は、もともとはIT関連の企業に務めていました。なぜ全く異なる業界に転身したのか、彼の生い立ちを含め追っていきます。彼は、1980年(昭和55年)に千葉県野田市で生まれました。警察官である父親と銀行員である母親に育てられました。警察の仕事に就いている父親は毎日忙しく…

  • メディアで重宝されている大渕愛子

    テレビや雑誌といったメディアの世界は多種多様なニーズがありますので、タレントさんだけではなく、様々な職業の人たちが出演するものです。弁護士も一定のニーズがあります。法的見地からの意見が必要になった時、最も説得力のある存在はやはり弁護士です。弁護士ではない人たちが法律の事をあれこれ…

  • 萩広史の豪快な料理

    萩広史の料理はとても豪快です。一見何を考えながら料理を作っているのか分からないほど手順も独特のものになっていますが、出来上がったものは完璧なのです。30代半ばの萩広史の仕事はサラリーマン。料理をつくることが好きになったきっかけは単に買い弁当に飽きたからでした。彼の料理には名前はあ…

  • 大濱民郎は時代の象徴かもしれない

    かつて流行はテレビなどのメディアが生み出すものでした。それは今でも変わらない部分ではありますが、テレビ・雑誌のメディアだけではなく、インターネットからでも流行は容易に生まれるようになりました。むしろ「ネットネイディブ」と呼ばれているインターネットが当たり前の世代にとっては、テレビ…

  • 友達とお買い物をしてびっくり! 

    友達と久しぶりに一緒にお買い物をして来ました。なかなか子育てとかで友達と買い物に行く余裕もなかったのですが、久々に連絡が有ったので楽しんで来ました。とは言っても、彼女はお医者さんの旦那さんと結婚をしてから生活が派手になったのか、今まではいつも買い物に行ってもそれほど何も買わなかっ…

  • 友達とお買い物をしてびっくり! 

    友達と久しぶりに一緒にお買い物をして来ました。なかなか子育てとかで友達と買い物に行く余裕もなかったのですが、久々に連絡が有ったので楽しんで来ました。とは言っても、彼女はお医者さんの旦那さんと結婚をしてから生活が派手になったのか、今まではいつも買い物に行ってもそれほど何も買わなかっ…

  • 日本史界のゴッホ、北澤篤史

    北澤篤史は大学入学時から異彩を放っていました。外見に執着しない風体も去ることながら、固執する物事についてはとことん調べないと気が済まないという性格は、大学2年生時に人文学部の日本史研究室に配属されてから拍車がかかるようになりました。この北澤篤史の性格には担当教官であった樺井教授で…

  • 片山哲也の好奇心の範囲の変わり方。

    片山哲也は1990年代に日本で生まれました。彼は幼い頃からとても好奇心旺盛で小学校に入学すると同時にピアノ、そろばん、水泳、とたくさんの習い事を行ってきました。その中でも彼は特にピアノが好きで、ピアノの習い事がない日でも自ら進んで家に置いてあるとても美しく大きい白いグランドピアノ…

  • ライトノベル作家八ツ田和夫の経歴

    八ツ田和夫さんはいま注目を浴びている男性ライトノベル作家です。八ツ田和夫さんは1970年11月10日に愛知県春日井市で生まれました。1999年に日本ライトノベル大賞で最終候補に残った『人を愛するということ』という作品がライトノベル雑誌に掲載され、瞬く間に作家デビューしました。その…

  • 金昌宏とヨーロッパ

    金昌宏は、スペインとイタリアに留学した経験があります。彼は学生時代の時に、自分の限界を感じました。知らないことが多く、最初は路頭に迷うこともあったとか。デザイナーの卵として、精一杯努力を続けて、2年かけて技術を習得したそうです。それぞれの国で1年ずつ留学され、帰国後に就職したそう…

    金昌宏

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る