記事の詳細

佐上邦久が中心となって活動を行っているどうぶつ基金とは、犬やネコが殺処分されてしまう事を防ぐための活動です。主な活動内容としては、飼い主の居ない犬やネコを捕獲し、去勢手術を行いもとの居場所に戻してあげることにより、動物を保護するという物があります。

佐上邦久がどうぶつ基金という基金制度を利用して行っている活動内容としては、TNR活動というものがあり、安全に猫を捕獲する事を可能としています。猫を捕獲する際に、動物を傷つける事の無いように安全な方法で捕獲を行い、不妊手術や去勢手術を行った猫に対してはきちんと目印をつける等の工夫を行う事になっています。佐上邦久により取られているこの方法を利用する事により、より確実性の高い動物の保護が可能になっているのです。そして、佐上邦久のどうぶつ基金の考え方に賛同する人からの募金活動などにより、活動の範囲はどんどん広がっています。猫を捕獲した後に、きちんと去勢手術をするという事もどうぶつ基金の重要な役割です。しかし、去勢手術を単に行うだけではどうぶつ基金の目的とはなりません。猫に関するボランティアスタッフは、手術が終わった後にしっかりと経過を観察することにより、安全性の高い去勢効果を生み出すことが出来るようになります。

佐上邦久の地道な活動は、公的機関からの信頼も厚く、多くの犬や猫を抱える動物病院からの相談にも応じているという点において高い評価を得ています。どうぶつ基金による去勢が可能な病院の数は全国的に広がりを見せ、どのような場所であっても速やかに手術を行い、猫を保護する事が出来るようになりました。佐上邦久は全国で殺処分されている猫が増え続けているという現状を変えるために、動物愛護のためにどうぶつ基金での活動を今でも続けています。

公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る