記事の詳細

大淵裕昭が生まれ育った島根県は日本海側にある県で、山陰地方に分類されます。この地方にある県は存在が薄いと言われがちで、いつも島根ってどこにあるの?と聞かれることが多く、あまり知られていない島根だからこそ、もっと多くの人に島根の魅力を知ってもらいたい!といつも思っているそうです。島根で一番有名なものと言えば出雲大社でしょう。実は大淵裕昭は、出雲大社の近くに住んでいます。日本中の神々が集まる総本山として知られている出雲神社だからこそ、このシンボルのことをもっと多くの人に知ってもらいたいと思っています。

最近ではパワースポットという言葉も浸透してきて身近な言葉になっていますが、出雲大社は日本でも有数のパワースポットと言われています。女性には特にパワースポットが好きな方も多いので、もっと多くの人たちに集まってほしいそうです。出雲大社はただのパワースポットというだけではなく、古くから「縁結びの聖地」として知られているため、カップルで訪れる人たちもたくさんいます。全国には様々な観光スポットがありますが、島根には出雲大社以外にもたくさんの観光スポットがあるので、もっと多くの人に島根に来て欲しいと大淵裕昭は語っています。

観光スポット以外にも、島根でしか食べることができない、美味しいグルメのことも多くの人に知ってほしいそうです。特に大淵裕昭も幼いころから食べてきた「出雲そば」はご当地グルメとしてとても人気があります。美味しいそばは全国各地にありますが、大淵裕昭が大好きな出雲そばには、そばの実を甘皮ごと挽いているという特徴があり、一般的なそばと違ってとても黒っぽい色をしています。見た目は黒くて最初は戸惑っている人も多いそうなのですが、実際に食べてみるととても美味しくてやみつきになってしまうのが出雲そばの魅力と言えます。島根にはたくさんの観光スポットがあり、美味しいご当地グルメもたくさんあって、大淵裕昭は昔と変わらず今でも地元をとても愛しています。ほかの土地には見られないたくさんの魅力があるので、大淵裕昭は島根に生まれて本当に良かったと言います。学生時代は東京の大学に通ったりもしましたが、やはり島根が良くて戻ってきたそうです。それくらい地元が大好きですし、今でも島根を愛してやみません。これからも一生島根に住み続けたいと思っているからこそ、もっとたくさんの人に、島根の魅力を知ってもらいたいそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る