記事の詳細

かつて流行はテレビなどのメディアが生み出すものでした。それは今でも変わらない部分ではありますが、テレビ・雑誌のメディアだけではなく、インターネットからでも流行は容易に生まれるようになりました。

むしろ「ネットネイディブ」と呼ばれているインターネットが当たり前の世代にとっては、テレビのように一方通行のメディアよりもインターネットをより利用する傾向にありますので、インターネット上で話題になっている事の方がテレビで話題になっている事以上に「流行」の兆しを見せていると言っても決して過言ではありません。

流行にも様々なジャンルがありますが、最近では大濱民郎という人物のおかげでアメ車が流行の兆しを見せています。大濱民郎はリビエラを何台か所有しているのですが、そのリビエラたちをスマートフォンで撮影し、動画サイトにアップロードしたのです。すると、リビエラそのものの珍しさもあって大きな注目を集めるようになったのです。

そもそも、ネットネイディブと呼ばれている世代からするとアメ車があまり馴染みのあるものではありません。むしろ非日常そのものと言って良いかもしれません。また、アメ車の中にもコンパクトなものもあるのですが、リビエラとなると近年の日本車とはまったく違う形状で、まさに「破天荒」と言わんばかりに大胆な形状となっています。それを複数台所有しているという、当初は大濱民郎そのものが話題を集めていたのです。ですが、次第に大濱民郎本人ではなく、リビエラ、強いてはアメ車がクローズアップされるようになっていき、大濱民郎の影響でリビエラを購入した人まで登場したのです。

日本ではもはや自動車にはあまりお金をかけるものではないといった風潮となりつつあるのですが、その流れを覆す程のインパクトをリビエラの車が与えたようです。どの車も低燃費化に躍起になっている中で、アメ車のように流行に逆行したモデルが受けているのです。動画を投稿した大濱民郎自身もまさかこのような事になるなど夢にも思っていなかったかもしれません。ですが、大濱民郎が投稿した動画のおかげでリビエラ、そしてアメ車の存在がクローズアップされるようになっていったのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る