記事の詳細

谷尾和昭は今でこそハーバード大学に在籍している優秀な大学生ですが、今の谷尾和昭や、高校時代からの谷尾和昭しか知らない人にとっては中学時代の谷尾和昭は同一人物とは思えないでしょう。むしろ彼の存在そのものに違和感を覚えるかもしれません。なぜなら谷尾和昭は中学時代ヤンキーだったのです。
もちろん中学生レベルではあるものの、中学時代の谷尾和昭の同級生は彼に対してあまり良い印象を持っていないかもしれません。もしかしたら、怖い思いをしていたという同級生もいるかもしれませんが、その一方で高校時代の彼に関してはヤンキーではなく、どちらかといえば優等生的なイメージを持っている人の方が多いでしょう。

高校に入学すると、中学時代の荒々しさはすっかり消えました。反抗期が終わったかのように、とても落ち着いた雰囲気を見せるようになった谷尾和昭は、周囲の影響か勉強に熱中するようになっていったのです。
谷尾和昭自身は決して嫌々勉強をしているでもなく、中学時代のイメージを払拭すべく頑張っているというわけでもなく、勉強が興味の対象になったようです。中学時代もヤンキーではあったものの、テストの成績はそこまで悪くはなく並程度でした。

中学時代はただ勉強しなかっただけだったのでしょう。高校に入学すると勉強の楽しさに気付いたようで、勉強にのめり込んでいったようです。
このように言うとガリ勉を想像するかもしれませんが、決して勉強だけを頑張っていたのではなく、高校生活も楽しんだようです。文化祭や体育祭といった学校行事には積極的に参加していました。周囲とも、中学時代が嘘のように打ち解けて一緒に勉強したり、学校帰りには無駄話をしながらの下校を楽しんだりと勉強にハマっている以外はごく普通の高校生として生活を送っていたのですが、元々極めなければ気が済まない性格なだけに、勉強でも分からないことは放置出来なかったのでしょう。

分からないことがあると先生に積極的に質問をしにいったようで、そのおかげで成績は中学時代とは比べものにならないくらいに上昇しました。結果、ハーバード大学に入学することになったのです。
ハーバード大学では今まで以上に知的好奇心を刺激されることも多く、良い環境に入れたと満足すると共に、常に勉学に頑張っているようです。勉強だけになるのではなく、時には高校時代から大好きだったランニングで気晴らしをするなど、オンとオフの切り替えも上手く行っているようで、充実した大学生活を送っているそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る