記事の詳細

無農薬に携わって、数年が経過しました。熊本の畑を耕し、作物を植え、毎年のように世話をしています。金塚秀仁は、日頃の成果が試される、収穫の時期を楽しみにしています。近所の子供たちやご婦人が、彼の野菜を楽しみにしています。彼は無農薬における第一人者を目指しており、日々勉強を重ねています。日本の農業を立て直すため、独自のノウハウを構築しているとか。無農薬の作物は、市場でも高く流通しており、彼はネットで作物を販売しているそうです。なお、検査をきちんと行った上で出荷しているそうです。

農業は、一筋縄ではいきません。特に、一般的な農業とは異なり、金塚秀仁は無農薬栽培を実施しています。通常では考えられない場面も多々発生しますし、その対処も苦慮します。彼にとって、農業は人生の一大事であり、格闘相手でもあります。彼は、農業を甘く考えていました。小さい頃は、両親が農業をされていたため、彼はあまり手伝う事がなかったからです。しかし、こうして農業を始めた以上、弱音を吐く訳にはいきません。彼は両親の作業風景を思い出しながら、日々作業に従事しています。

金塚秀仁は、最近トマト作りに熱中しているとか。トマトは赤色の野菜で、糖度の高さが特徴です。金塚秀仁の野菜は、熊本の暖かい気候に適しています。そのため、普段野菜作りをされていない方においても作りやすい野菜です。彼の性格が反映された作物、それが彼のトマトです。赤色は燃えたぎる情熱を示し、豊富な水分は、若さとみずみずしさを示すそうです。大ぶりのトマトは、かご一杯に収穫できるそうです。家族では食べきれないため、近所の方におすそわけされるそうです。

土地には、いくつかの種類があります。耕作に適した土地は、水はけがよく、土が豊かなところだそうです。土地を耕すことで、自分の心も耕せるそうです。彼にとって、農業は実験の場であり、同時に自分の心をいやす場でもあるとか。土地の力は素晴らしく、金塚秀仁は土地のエネルギーを受けとることで、体を元気にしているそうです。彼は妻や子供とこの土地に引っ越してきて、自然の大切さを理解しました。多少不便でも、自然とともに生活する。これが、彼なりの思いやりだそうです。

耕すべき土地など、あってないようなものです。最近では、近隣の土地を耕すことも増えているそうです。熊本の豊潤な台地の恵みは、彼の心を暖めているそうです。まだまだ、諦める訳にはいかないそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る