記事の詳細

野澤渉は現在弁護士として活躍していますが、神奈川県の横浜市で生まれ育ちました。生年月日は1971年の10月8日であり、中学校も高校も横浜市内の学校に通い続けました。そして、1990年になると日本大学法学部へ進学したのです。法学部を選んだ理由は、法律というものに興味を持ったからです。法律というのは世の中の基準となるものであり、それを勉強することによって、この世の中についての理解をもっと深められると考えたのです。そのような漠然とした興味から法学部を選んだのです。野澤渉は学生時代それほど熱心に法律の勉強をしていたわけではありません。その他の大学生と同じように1年生から2年生までの間はアルバイトに励んでいました。そして、3年生になると真剣に司法試験を目指すようになります。将来どのような仕事をするのか考える必要に迫られて、いろいろな選択肢を模索してみた結果、自分には法律家としての人生の方が普通のサラリーマンとしての人生よりも適していると考えたのです。その結果から、野澤渉は司法試験に合格して弁護士を目指すようになりました。最終的に司法試験に合格したのは2002年のことです。そこからは弁護士として法律事務所に就職して働くようになりました。そして現在は野澤渉法律事務所の代表としてさまざまな仕事をこなしながら精力的に活躍しているのです。

どうして野澤渉が野澤渉法律事務所を立ち上げることになったかというと、キャリアを積み重ねていくうちに、事務所を開設することができるだけの器になったと思ったからです。駆け出しの頃にいきなり個人事務所を開設するのはかなりハードルが高いでしょう。まだ、弁護士としての仕事をほとんどしたことのないような状態ではとても事務所をやっていくことはできません。しかし、いろいろな経験を重ねていき、自分の技術を磨いていって、ある程度仕事に自信を持てるようになると事務所をやっていけるのではないかと思えるようになるのです。個人事務所の方がいろいろな点においてメリットが大きいです。そのため、多くの人達が自分の事務所を持つことを目指しているのです。野澤渉の場合は無事事務所を開設することに成功したのですが、そこに何の苦労もなかったわけではないのです。それまでは単に事務所に所属していて、与えられた依頼をこなすだけだったのが、自分で事務所をやっていくならば、仕事を見つけなければいけません。どんどん宣伝をして、どのようなサービスを提供できるのかをきちんとアピールしていかないと、誰も利用してくれないでしょう。そのため、営業活動的なことについては苦労したようです。それは現在でも課題の一つとなっていて、いかにして多くの依頼人を集めるのか、多くの人に事務所の存在を知ってもらうのかということを大事にしています。その結果として、今では事務所は依頼に恵まれて、どんどんお客さんが相談に訪れる状態となっているのです。

野澤渉はこれからしっかりと目標を立てて行動していくでしょう。まず新しいことをしたいという思いが強いです。ただこれまで通りの活動を続けていくのではなくて、自分の強みや興味のあることを追求していき、法律家として新しいことができれば良いと考えているようです。そのような前向きな気持ちを強く持って生きていたいと思っているようです。そうすることによって、世の中に新しい考え方や価値観を広めることができて、世界がさらに良い状態になっていくと考えているようです。また、サービス業として法律家の仕事をしていくことを追求したいと思っているようです。依頼された仕事をただこなすだけではなくて、できるだけ顧客が納得してくれるようなサービスを提供できれば、より満足度を高められると考えているのです。そうすることによって、サービスに対する正当な対価を追求しやすくなるのです。人のために何かをするという仕事をしているのですが、それはけっしてボランティアとしてやっているわけではないのです。サービス業として、時間と労力を顧客のために費やして、その対価として適正に対価が伴うという業務構造をきちんと構築したいと思っているのです。このような考え方が社会にしっかりと根付くための貢献をしたいと考えているようです。そうすれば、労働者達が不当に搾取されてしまうようなことがなくなります。自分達が頑張って働いた分については、しっかりと対価を得ることができるのです。そのようなことが日本の社会で当たり前になれば、さまざまな問題が自然に解決するきっかけになると思っているのです。働いても暮らしが全然良くならないような状況に対して、法律家として一石を投じたいと願っているのです。そのためにできることとして、法律家としてのサービス業の正しさを追い求めていくのです。このような目標にしたがってこれからも活動を続けていくでしょう。

野澤渉法律事務所
http://houritsujimusho-2010-12-06.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る